Medium 4aa913d8748f22a0

背中痩せにはヨガが効く!ヨガ歴3年の私オススメのポーズ3選

背中の脂肪、他は痩せても最後までガンコに残っていたりしませんか?今回は、背中が痩せにくい理由と、私が実践している背中痩せに効くヨガのポーズをいくつか紹介いたします。簡単にできる背中痩せヨガで、ココロと身体を整えましょう!

ライター:タナカアサコ  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/09/29

背中が痩せにくい理由とは?

背中は本当に痩せにくい!そう思いませんか?いくら運動や食事制限で体重を落としても、背中は最後までたるみが解消できない部分です。

背中が痩せにくい主な原因をまとめてみました。

①基礎代謝・筋力の低下

加齢により基礎代謝が減り、若い頃は贅肉がつきにくかった背中にも贅肉がつくようになります。
また、背中は普段動かさない「眠れる」部位なので、意識して鍛えていないと背筋の力が低下し、背中のたるみにつながってしまいます。

②猫背

背中を丸めた姿勢を続けていくことによって、老廃物が肩や背中に溜まってしまいます。背中は意識して動かすことが少ない分、そんな老廃物の蓄積も、背中のたるみの大きな要因となりうるのです。デスクワークの多いお仕事の人は特に要注意です。

③背中は自分では見えない

自分の背中は鏡でしか見えません。お腹の場合は、少したるむと座ったときにすぐ分かるのですが、背中は普段は見えないので、少しお肉がついても気がつかないことが多いのです。気づいたときにはかなり贅肉が蓄積している状態に。そこからの対策となるので、痩せにくいということになります。

背中痩せにヨガが良い理由

そんなタプタプの背中をスッキリさせるには、どんな方法がよいでしょう。一番のおすすめはヨガによって背中痩せすることです。ヨガが背中痩せに一押しである理由は、以下の通りです。

①コストと時間がかからない

ジムもプールも、多少なりともお金がかかるもの。また、家から離れていると、ウェアやタオル、着替えなどを持って通うのも大変です。背中肥えに悩む世代の多くは、家族の面倒もみないといけないのでそんな時間の捻出も一苦労。ヨガなら家でタダで続けることができるので、断然おすすめです。

②1つ1つのポーズを楽しめる

ヨガのポーズにはそれぞれ、ユニークな名前がついています。「立木」「鷲」「勇者」など、これらの姿をイメージして、なりきってポーズを取ってみると、幼いころの「ごっこ遊び」や「変身遊び」の気分になれるのです。そうやって、童心に返って無邪気に楽しめるのがヨガなのです!

③ゆっくり脂肪を落としていくのに適している

20代の頃にはスッキリしていた背中も、いつしか皮も極厚に・・・。そう、背中の脂肪は長期間かけて少しずつついていったものです。そんな背中の脂肪は、背中痩せヨガを習慣にしてじっくり落とすと、リバウンドも防げます。

オススメ背中痩せヨガポーズ3選

背中痩せポーズ① ヨガといえばコレ!立木のポーズ

Medium 6c4d896e00a2da5b

by 632ea1cf1103eb02 タナカアサコ

方法
①両足を揃えて立ち、両手を胸の前で合わせ、背筋を伸ばす。
②片足を太腿に沿え、合わせた手をそのまま真上に伸ばす。腕はできるだけ背中側に近づける。
③そのまま深くゆっくり、5回呼吸をする。
④静かに腕を胸の前に戻し、足を床に降ろす。

CMや雑誌の表紙で良く見る、有名なポーズです。肩甲骨が上に引き上げられて引き締まると同時に、老廃物もスッキリ流すことができます。また、思い立ったときにひょいとできるお手軽なポーズなので、会社のトイレの中などですると、肩こりもほぐしてくれますよ。

背中痩せポーズ② バランス保って!弓を引くポーズ

Medium 533510aab744501b

by 632ea1cf1103eb02 タナカアサコ

方法
①右足を膝から後ろに曲げ、右手で足先をつかむ。
②左腕を真上に上げる。
③そのまま上体をできるだけ前に回転し、そのままの姿勢でキープ。
④5回深く呼吸する。
⑤元のポーズに戻り、左足を曲げて繰り返す。

上体を回転してキープしている間、できるだけ手を前方遠くに伸ばしましょう。このポーズからそのまま「立木のポーズ」へ移っても良いです。

弓を引くというよりは、引かれた弓になりきる感覚に近いと思います。お尻から下の部分を背筋で支えることで背筋全体にウェイトがかかり、引き締まります。バランスを崩しやすいので、とても体幹が鍛えられるポーズです。

背中痩せポーズ③ 気軽に寝ポーズ、ベイビーコブラ

Medium a129fb458e30f651

by 632ea1cf1103eb02 タナカアサコ

方法
①うつ伏せになり、手のひらは胸の横につく。足は腰の幅に広げて、足の甲は床につける。
②息を吸いながら上体を起こし、胸を上に向け、耳を肩から離すようにする。
③3回大きく呼吸し、3回目の吐く息で元のうつ伏せへ戻ります。

背筋を鍛えて背中を引き締め、肩甲骨まわりの筋肉を緊張・弛緩させることで、ほぐしていくことができます。寝て行うポーズなので、夜寝る前や朝に布団や床で行うこともできて、手軽に続けられると思います。

背中痩せヨガの注意点

ヨガをするときに心がけるべきなのは、どんなポーズのときも深い呼吸を続けることです。「伸びている部分に新しい酸素を届ける」イメージを思い描くと良いです。そうやってイメージで心身をコントロールできるようになると、身体だけでなくメンタルの強化にも繋がるのです。

また、ヨガを行って汗をかいたあとは、水分補給を忘れずに。そして、腰や背中を痛めているときは無理をしないのも大事なことです。自分の身体の声をよく聞いて、続けていきましょう。

背中痩せヨガを続けた結果

私はこのヨガをお風呂上りと寝るときに行って3年程になります。眠れる肩甲骨に負荷をかけ、持ち上げ、引き締めることで、最初は皮下脂肪に埋もれていた肩甲骨が、徐々に存在感を現し、背中の中心線の窪みもクッキリして凹凸のある背中になりました。

少し背中のあいた服を着たときに、ママ友から「背中めっちゃキレイ!」と言われたときは、とっても嬉しかったです。後で鏡で確認すると、肩甲骨の間の窪みがくっきり見えていて、なるほどと思いました。

背中はしっかりケアすれば効果が現れる!

身体の中では面積も広くて、存在感のある背中。その分、油断すると年齢も現れるし、逆にケアすると効果も高く現れるということが実感できました。背中ケア、本当に侮れません。

皆さんも、まず脱衣所で鏡をチェックするところから始めてみませんか?

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事