Medium 1a6e8ad75bfbd171

これで5kgのダイエットに成功!痩せるために意識した習慣5つ

元モデルの友人から教わった、痩せるために日常生活で意識する5つのポイントを1年間実践。辛さを感じず3.5kgのダイエットに成功しました!ダイエット以外のメリットも。痩せるために意識した5つのこととその結果を紹介します。

ライター:saksak3  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/09/14

この体験談を書いた人

88546c2ef0a2ca6a saksak3

32歳、OLです。163cm、49kgの理想的なスタイルを維持できるようになるまでには約10年かかりました。今より10kg太っていた大学時代から数多くのダイエットに挑戦した体験談を紹介します。

痩せるために意識するたった5つのこと

ダイエットはしたいけれど毎日の仕事が忙しくて、運動やカロリーコントロールなど面倒なことはしたくない。そんな私が元モデルの友人から教わったのは、ダイエットは難しいことではないということ。毎日5つのことを意識して生活をするだけで、自分の身体は変わっていくということでした。

私が友人から教わった具体的なポイントを5つ紹介します。

①体重計に毎日乗る

Medium d2afd210bde1a583

最近は計るだけ(体重計に乗るだけ)ダイエットも特集されているため、その重要性に気づいている方もいるとは思いますが、ダイエットを成功させたい人にとって体重計に毎日乗ることは非常に大切です。

ポイントは2つ、「毎日同じ時間に乗ること」と「記録すること」です。毎日体重計に乗ることで自分が何を食べると体重が増えるのか、何をした日は体重が減るのかがわかってきます。また、長く記録を続けることで、自分の身体がどう変わってきたかを実感することができます。

自分の身体を知ること=ダイエットのスタートラインに立つこと、なのです。

②よく歩く、きれいに歩く

Medium 330d4cf7607b25a4

ダイエットにウォーキングは定番ですが、時間をわざわざ設けなくても歩くことは簡単です。

私が特に意識して歩いたシーン

  1. 通勤中はだらだら歩かない
  2. エスカレーターは絶対に使わない
  3. できるだけタクシーに乗らない
  4. デスクワークの中でもこまめに歩く機会を増やす

歩くことをさぼろうと思えば、今はバスやタクシー、エスカレーターやエレベーターなど、いくらでも便利なものがあります。でも、そういうものを使わずにちょっと歩くことを意識すれば、歩く機会は意外と多くあるものです。

ただ歩くのではなく重要なポイントがあります。それは「きれいに」歩くこと。姿勢を正してスピード感を持って、颯爽と歩くようにします。私は自分がモデルになったつもりで、「みんな私を見て」なんて思いながら歩いていました。

③食事に集中する

食事に集中するというのは、「ながら食べ」をしないということです。私は元々家ではテレビを見ながら、仕事中の昼ご飯はパソコンかスマホでネットーサーフィンをしながら食べていましたが、食事する時間は食事に集中することにしました。

ながら食べは満腹になったことを気づかずに食べ続けてしまうので、ダイエットには大敵です。ちなみに、食事制限はしていません。その代わりアルコールは控えめにします。アルコールは飲み過ぎると、食事もついつい食べ過ぎてしまうからです。

④身体のラインが出やすい服を着る

最近の流行はゆったりでふわっとした服が多くなった気がします。気になる二の腕もお腹も太ももも全て隠してくれます。しかし、隠すことで身体のパーツに意識をしなくなると、一向に痩せることはできません。

元モデルの友人が今も美しさを保っているのは、常に人に見られている意識と緊張感があるからだと言っていました。

私の場合はお腹周りと太ももが気になったので、タイトなニットを着たり、流行のゆったりパンツではなくスキニージーンズを履いたりと、常に痩せたい部分が気になるような服を選びました。

⑤着たい服を飾る

Medium 469840043b44ddf6

“痩せてきれいになったときに着たい服”を買います。いつも買う価格帯の服よりもちょっと奮発していいものを買うといいです。

私の場合はハワイ旅行を控えていたため、思いっきり二の腕を出すワンピースを買って部屋にかけ、毎日それを着るのを楽しみに旅行までの日にちをカウントダウンしていました。

着たい服が買えない場合は、その服の写真をスマホの壁紙にするのでもいいです。ただ、お金をかけて買った服の方が「着たい!」という意識はより高まるので、できれば買うことをおすすめします。

意識して生活すること1年。その効果は・・・

体重-3.5kg!ウエスト-10cm!太もも-6cm達成!

1年後の私の体型がどうなったかというと、体重-3.5kg、ウエスト-10cm、太もも-6cmに成功しました。体重の減り以上に、各パーツが引き締まったと感じています。

正直1年間ダイエットが辛いと感じたことはありませんでした。特別な食事制限や運動は本当にしていません。5つのことを意識して生活するだけで、体質が変わって痩せやすくなったという感じです。

5つの中で特に効果があったと感じたのは、きれいに歩くことと身体のラインが出やすい服を着ることでした。きれいに正しい姿勢で歩くことで、身体のバランスが整い脚やお腹がすっきりとしました。

食事制限はしなかったものの常に自分の身体を意識して生活しているせいか、自分でも気づかぬ内に食事の量をコントロールしていたのかもしれません。

ダイエット以外に効果があった点

Medium 43f686e2b82a679c

効果は痩せたというだけではありません。想像もしていなかったいいことがありました。

  • O脚が治った
  • 便秘が解消した
  • 肌がきれいになった

特にO脚には10年以上悩まされていたのに、今ではきれいな脚のラインになり、友人から褒められる機会が増えました。褒められる機会ができたことで、もっときれいになりたいという意識が今も続いています。

5つの意識を継続させるポイント

周囲の人に宣言する

私はこの5つの意識をすることを友人に公表していました。すると一緒に買い物をしている時に「背筋が伸びてないよ」と声をかけてもらえたり、少し痩せただけでも「最近変わったね」と気づいてもらえたりして、自分のモチベーションを維持することができました。

便利グッズを使う

体重を記録するために、私はスマホアプリと自動連携している体重体組成計を使いました。乗るだけでアプリに体重や体脂肪を記録し、グラフにしてくれるのでとても便利でした。

Withings スマート体重計

Medium b816cf3d57a6d8b2

出典:www.amazon.co.jp

乗るだけで体重だけでなく体脂肪率や骨量を測定。測った人を自動で判別してくれる機能があり、データは自動的にWi-Fiで自分のスマホに記録されます。スマホを起動する必要もありません。

他にも歩数計や活動量計もおしゃれで便利なものが多いため、こういった便利グッズを活かすと飽きずに続けることができます。特に歩数計を使うことで、自己新記録を目指して毎日積極的に歩くようになっていました。

美人な友人と会う

定期的に元モデルの友人と会い刺激をもらうことで、日常生活の中で彼女のようになりたいとずっと意識し続けることができました。

日常生活の中で意識するだけなので、どれも難しいことではありません。ただし、このダイエット方法は短期間で痩せることは絶対にありません。長期的に自分の身体を整えていきたい人、短期的なダイエットに成功しその後リバウンドしたくない人には、ぜひ実践していただきたいと思います。

私はおばさんになっても、おばあちゃんになっても、この5つを意識しながら生活していきたいと思っています。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事