Medium cf325b33b6207366

おかずの量を増やす糖質制限でダイエット成功!ゆるめの方法

自己流で、ゆるめに糖質制限ダイエットを2か月実践してみました。具体的なやり方や注意点についてご紹介します。さらに、ゆるめの糖質制限ダイエットで得られた効果もご紹介。本格的な糖質制限には抵抗があるという人、必見です。

ライター:twins0617  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/09/19

ゆるめの糖質制限ダイエットを選んだ理由

「痩せたい」と思ったとき、最初に浮かんだダイエット方法が糖質制限でした。

しかし、糖質制限といえば、主食やお菓子といった糖質を多く含む食べ物をとことん我慢するというイメージ。ストレスが溜まりそうで抵抗があります。さらに、どんな食べ物を控えなきゃいけないのか、いちいち確認するのも面倒ですよね。

そこで思い立ったのが、自己流で進める、ゆるめの糖質制限ダイエットです。ここでは、ゆるめの糖質制限ダイエットを2か月実践した結果をご紹介します。

ゆるめの糖質制限ダイエットのやり方

ゆるめの糖質制限ダイエットで、守るべきルールは2つだけです。

①おかずの量を増やす

ゆるめの糖質制限ダイエットではありますが、糖質たっぷりの米や麺類といった主食は控えました。そのぶん、おかずの量を増やすようにしました。そうすれば、適度に満腹感を得られます。

本格的な糖質制限ダイエットでは、調味料に含まれる糖質も重視されがちですが、そこまで考えるとストレスになりそうなので、私は気にしないことにしました。

ただし、砂糖とみりんに関しては、糖質ゼロの「パルスイート」を代用することにしました。新しい調味料をスーパーで買ってくるくらいなら、手軽にできますよね。

パルスイート

Medium 8ea3b60e66c45ec6

by Avatar default twins0617

こちらが、私が使っていたパルスイートです。甘さは普通のお砂糖とほぼ変わりません。煮物などにも使えますよ。

糖質制限でおすすめのおかず

簡単に作ることができて、満腹度が高く、さらに糖質制限につながる・・そんなおかずがあったら理想的ですよね。そこで、私個人のおすすめ順に糖質制限向きのおかずをランキング形式でご紹介します。

おすすめのおかずランキング
第1位 鍋もの キムチ鍋や豆乳鍋などバリエーション豊富。野菜もたくさん摂れます。
第2位 ハンバーグ 大きめに作れば食べごたえ十分。横に野菜を添えましょう。
第3位 生姜焼き 千切りキャベツと一緒に食べれば、食べごたえ十分です。

本格的な糖質制限をする人は、ハンバーグのつなぎにパン粉を使うことに抵抗があるかもしれません。でも私はゆるめの糖質制限ダイエットなので、そこは気にしませんでした。

Medium 3d58e82576d6d5b3

by Avatar default twins0617

どうしても気になる人は、パン粉の代わりに高野豆腐をすりおろしたもの使うといいですよ。高野豆腐は豆腐を凍結させ、低温熟成した後に乾燥させたものなので、糖質が控えめな食べ物です。高野豆腐をつなぎにして美味しく仕上げるには、パン粉を使うときよりも少し多めの量にしましょう。

②休養日を決めておく

ゆるめとはいえ、毎日糖質制限のことを考えていると疲れるので、休養日を設けるようにしました。私の場合は、週2日(土曜日・日曜日)を休養日しました。

仕事のストレスを食で発散させたいという人は、平日を休養日にしてもいいかもしれませんね。ライフスタイルに合わせて、ベストなタイミングを決めてください。

休養日には大好きなラーメンを食べたり、夕食に主食を取り入れたりしました。さらに、食後のデザートもちゃっかり食べていました!

休養日の注意点

Medium 0716040aab9c3700

糖質制限をお休みする・・とはいっても、食べ過ぎては意味がありません。私は下記の点には注意しました。

  • ご飯はお茶碗1杯までにする
  • デザートは1日1個までにする

ご飯を食べるときはお茶碗1杯までと決めて、おかわりは厳禁としました。物足りないと感じないように、ひと口ずつゆっくり噛んで食べるようにしました。

デザートを食べるタイミングは自由ですが、食べていい数は1日1個までと決めておきました。デザートの種類は、特に制限をしていません。

ゆるめの糖質制限ダイエットの結果・感想

自己流で始めた、ゆるめの糖質制限ダイエット。2か月実践した結果と感想を報告します。

2か月で3kg痩せに成功

Medium 1d95c997ca7eabe4

ダイエット結果は、2か月で-3kgとなりました。日常生活の負担にならない、ゆるめの糖質制限ダイエットでも、しっかりと結果を出せたのは嬉しかったです。

最後までストレスなし

食べてはいけない食材の制限をゆるくしたことで、手軽さが引き立ち、献立に困ることもありませんでした。

また、適度に休養日をはさむことで最後までストレスがなくダイエットを続けられたことも、嬉しいポイントです。

主食を食べないことで野菜の摂取量が自然と多くなり、以前より健康的な食生活になったようにも感じます。

今回のダイエットの反省点

Medium dae5615ad270ef84

糖質制限のルールがゆるすぎたために、ときどき食べ物選びを失敗してしまったところは反省点だと思います。

たとえば、献立に小麦粉をたっぷり使った餃子やシュウマイがたくさん入っていたら、主食を我慢した意味がありませんよね。さらには、糖質たっぷりのジュースもたびたび飲んでしまいました。

もう少しだけ糖質制限に対する意識が高かったら、より効率的に結果が出せたのかなと感じています。

3日坊主のダイエッターにもおすすめ

手軽に始められて、しかもストレスが溜まらない、ゆるめの糖質制限ダイエット。ほかのダイエットは長続きしなかったという、3日坊主のダイエッターにもおすすめです。

こんなにゆるく続けて2か月で3kg痩せられたことに、私は満足しています。適度に休養日をはさんでメリハリをつけながら、続けてみてくださいね。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事