Medium 089fc9c4c1e67b86

ズボラに糖質制限ダイエットで産後太り解消!3食+間食メニュー

痩せたいけど運動は苦手、厳しい食事制限もいや!そんな方におすすめしたい、私が考えた「ズボラに糖質制限ダイエット」。私が実践したズボラに糖質制限ダイエットのやり方や効果についてご紹介します。

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/09/25

ダイエットのきっかけは産後太り

身長158cm、出産前の体重は57kgともともと太めだった私。妊娠中にあれよあれよと太ってしまい、産後は72kgまでになってしまいました・・。

完全母乳育児だったため自然と1か月で7kg近く落ち、体重は65kgに。しかし、半年が過ぎても食欲が落ちず、母乳育児も終わり、そのまま65kgがデフォルト体重になってしまいました。

このままではいけないと思い、ダイエットを決断。8か月かけて、自己流でズボラに糖質制限ダイエットをやることにしました。

ズボラに糖質制限ダイエットの基本ルール

完全な糖質制限は体にも負担が大きいため、食事に気を付けるといった感覚で行うのが、私が考えた「ズボラに糖質制限ダイエット」のモットーです。以下が基本ルールとなります。

  • 毎朝ヨーグルトを食べる。
  • 夜は主食を完全に抜く。
  • 甘い飲み物、間食はなるべく避ける。
  • 毎日体重を測る。

いきなり厳しいルールを設けないことが、8か月という長期間のダイエットをやり遂げられた要因だと思います。

朝昼夕食別!ズボラに糖質制限ダイエットのやり方

忙しい家事・育児の合間に、いちいち食材のカロリー計算などをするのは本当に面倒!はじめはとりあえず、炭水化物を減らすことを意識しました。

朝食は無糖ヨーグルト

9c080cb424df089f

朝食は、基本的にはヨーグルト(150g程度)だけを食べます。物足りなさが出てきた場合は、クルミやアーモンドなどのナッツ類を10粒ほど入れていました。

ナッツ類はビタミン豊富なほか、クルミはアンチエイジングに良いとされてる「オメガ3」も多く含んでいます。30代の私に嬉しい効果を期待して摂取していました。

ただ、ナッツ類はカロリーが高いので食べすぎ注意です!

昼食は多めの野菜と少なめの主食

我慢はダイエットが続かない理由のひとつ。そこで、昼食は食べごたえがあるものを取り入れました。ただし、朝食に引き続きカロリーオーバーは厳禁です。

そこで、ノンオイルドレッシングのサラダや野菜たっぷりのお味噌汁など、野菜を中心に食べるようにしました。

主食も食べますが、少なめです。たとえば、ご飯はいつも食べる量の半分かそれ以下。パンの場合も同じです。半分にして、残りは次の日のお昼にまたもう半分を食べます。

夕食はおかずと汁物

家族と一緒に食べる方は本当につらいと思いますが、夕食だけは我慢しましょう。私は主食を控え、おかず類と汁物だけを食べるようにしました。

最初は物足りなく感じても、次第に慣れてきます。どうしても食べたいときは、味見程度にひと口だけ食べて終わります。

ズボラに糖質制限ダイエット中の間食と外食

長期にわたってダイエットをしていると、どうしても間食を摂りたいときがありますし、付き合いで外食しなきゃいけないときもありますよね。

そんなとき私はどうしていたか、ご紹介します。

間食

間食で最も食べていたのが、ハチミツ入りヨーグルトです。フルーツやナッツをトッピングすることで、栄養も補えるし食べごたえも増します。

がっつりデザートを味わいたい場合は、インターネットでヘルシーなレシピを探して作ります。「おからクッキー」や「水切りヨーグルトケーキ」が代表的ですね。

私には手作りおやつは効果的でした!なぜなら、作るのがだんだんと面倒になり・・・結果、間食が激減したからです。

簡単おからクッキー

363ca1adaf6edf27

出典:cookpad.com

材料(約8枚分)
薄力粉 40g
砂糖 30g
片栗粉 20g
生おから 100g
サラダ油 40g
方法
①おからをフライパンで炒める
②ボールでサラダ油以外の材料を混ぜ合わせる
③生地を長方形にととのえ、8等分くらいにカットする
④170度に温めたオーブンで約10分焼く

おからクッキーのレシピの一例です。ザクザクとした食感がおいしいですよ。

カップ入り水切りヨーグルトケーキ

C5ed5e671e0eb7a0

出典:cookpad.com

材料(4個分)
プレーンヨーグルト 400g
生クリーム 100ml
グラハムクラッカー 60g
粉ゼラチン 小さじ1
大さじ1/2
溶かしバター 20g
レモン汁 大さじ1
砂糖 40g
作り方
①ヨーグルトはキッチンペーパーの上で3時間~一晩水を切る
②ボールにクラッカー以外の材料を入れて混ぜ合わせる
③カップに砕いたクラッカーを敷き詰める
④③の上に②を入れて冷やし固める

水切りヨーグルトケーキの一例です。カップ入りなら手軽に作れますし、あらかじめ小分けされているので食べ過ぎを防げます。

飲み物は水が基本

D184c39fb167a24c

間食といえば、甘いカフェオレも一緒に飲みたくなりますが、基本的に我慢しました。ダイエット中、私が飲んでいたのは、常温の水です。

どうしても飲みたいときは、1日2~3杯コーヒーを投入で割ったソイラテを作っていました。

外食

私のライフスタイルで、外食はそう頻繁にあるものではありません。そのため、外食のときは「ご褒美の日」と決めて、好きなものを食べていました。

たとえ夕食であっても好きなものを食べてOKです。これが適度な息抜きになったと思います。

ズボラに糖質制限ダイエットで実感した効果

自己流でズボラに糖質制限ダイエットを続けた結果、どのくらい痩せることができたのか、実感した効果を報告します。

8か月で‐7kg痩せに成功

8657a281d27309f1

3ヶ月目で‐5kg

極端な無理はせず、でもダイエットしていることはしっかり意識して日々生活し、体重は約3カ月で5kg減りました。

その後も順調に減量

その後は体が生活に慣れてきたのか減量のペースが少し落ちましたが、結果として8か月で‐7kg痩せに成功しました。現在の体重は58kgです。目指す元の体重まで、あと1kgとなりました。

体型の引き締めが今後の課題

比較的大幅に体重が減らすことができた私ですが、体型のくずれは戻っていません。妊娠前に履いていたジーンズは未だにキツく、ボタンが閉まりません。

そのため、今後は運動もあわせて行い、体型を引き締めることが課題となっています。運動で筋肉量を増やせば、リバウンドしにくい体作りも期待できると思います。

ダイエットは長期間で無理なく、じっくりと

短期間で無理な糖質制限ダイエットを試して、見事にリバウンドした方は多いと思います。しかも、リバウンドするとさらに痩せにくい体質になるというおまけ付きです。

そうならないためも、ダイエットは長期間をかけて無理なく、じっくりとやるのがおすすめです。日頃から少しずつ低糖質を意識する今回の方法は、飽きっぽい性格の私でもできたので、おすすめだと思います。

「とりあえず何かダイエットを始めたいな」「ムリせず続けられそうなダイエットを探している」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のトピック

人気記事