Medium 50d3fe31479693f5

専門家の元でファスティング→3日で3.6kg減!辛さの対処法は?

以前ファスティングに失敗したことがある私が、専門家と二人三脚で再挑戦してみました。ここでは、ファスティングダイエットの辛さを乗り越えるための方法をご紹介します。もちろん、ダイエット結果もご報告します。

ライター:wai_wai  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/09/22

この体験談を書いた人

Avatar default wai_wai

ファスティングダイエットに失敗した過去

ファスティングが体には良いとは聞くけれど、なにも食べないのは辛いですよね?私は以前、空腹に耐えきれず挫折しました。

今回は挫折対策として、サポートしてくれる専門家と一緒に取り組んでみました。私が専門家に聞いた、ファスティングダイエットの辛さの乗り越え方をご紹介します。

実践したのは酵素ファスティング

私が実践したのは、酵素ファスティングです。酵素ファスティングでは、断食期間中に酵素ドリンクを飲みます。

期間は合計6日間

Medium 70a6aca5b3d594b0

私が行ったのは3日間でした。断食期間は3日でも、その前後に準備食が1日、回復食が2日ありますので、合計すると6日間で行うことになります。

時期別・ファスティングの辛さを乗り越える方法

ファスティングダイエットの時期別に、辛さを乗り越える方法をご紹介します。

準備食期

ファスティングを行う前日に食べるのが準備食です。ここで食べるものは翌日になっても体内に残っていますので、どんなものを食べるのかによってファスティングの効果は変わってきます。

準備食では多少の制限があるとはいえ食べられますので、辛さはありません。ただ、翌日以降の辛さを軽減するためには糖質を避けておいた方が良いです。糖質を摂ると、好転反応も出やすくなります。

好転反応とは、新しい刺激に対する体の反応のことです。ほとんどの場合、この反応は辛いものです。私の場合、これが原意で以前リタイアしていますので、念のため糖質は避けました。

ファスティング期1日目

37℃ ニュートリションバレル

Medium 61a3f7df616ec5e2

出典:foriina.com

こちらが私が飲んだ酵素ドリンクです。酵素ドリンクを飲むときにはポイントがあります。

  • 酵素と一緒にたくさんの水を摂ること
  • 水を1日2リットル飲むこと

酵素ドリンクを混ぜる水が少ないと、酵素の刺激が強すぎて好転反応につながるそうです。また、水分をたくさん摂ることはデトックス効果を高めるとともに好転反応の軽減につながります。

水を飲めば溜め込んでいた毒素が体外に排出される時に体内を巡りますので、とどまらないように水分を摂ってしっかり流していきました。

ハーブティーもOK

Medium 751ef843c20cc27a

by Avatar default wai_wai

お水以外に、ノンカフェインのハーブティならどれでも飲んでOKとのことでしたので、気軽に手に入るものと白湯を交互に飲んでいました。

ただし、飲み過ぎると体に負担がかかるので、3リットル以上は飲まない方がよいとのことでした。

こうした専門家のアドバイスによって初日はほとんど好転反応も出ず、空腹感もほとんどなく過ごすことができました。

ファスティング期2日目

好転反応で頭痛発症

初日が意外と楽で油断していたら、2日目に好転反応がやってきました。私の場合は頭痛でした。お昼前頃から軽い頭痛を感じ始めたので、すぐ先生に相談しました。

塩と味噌で対処

Medium 752fdc28eadbb61c

相談した結果、もらったアドバイスは塩をなめることでした。好転反応対策として、小さな岩塩のパックを持っていましたので、すこし舐めると楽になってきました。

楽にはなったものの、その後もなんだか調子が出ないため再度相談しました。今度は「お味噌汁の上澄みを飲んでみる」ように言われました。

お味噌を少しお湯で溶かして、固形物を口に入れないよう上澄みだけ飲んでみると、塩よりもずっと楽になりました。

ファスティング期3日目

頭痛に加えて吐き気も発症

好転反応の出方は人によるそうですが、私は3日目が一番辛い日でした。

朝から軽い頭痛に加えて吐き気がしていました。前日のアドバイス通り岩塩を口に入れて我慢してみたのですが、一向に治まりませんでした。

酵素ドリンクを増やして対処

耐えきれなくなり先生に相談したら、「酵素ドリンクを多めに飲んでみる」ように言われました。

毎回15ccずつ飲んでいたので、2回分に当たる30cc弱を多めのお水と一緒に飲んでみました。すると、意外なほどすぐにすっきりしました。早く相談すればよかったと少し後悔しました。

好転反応が落ち着いてから、このファスティング期間中ずっとお通じがないことに気付きました。そこで、またまた先生に相談してみましたら、ファスティング中にお通じがないのはよくあることで、回復食になればお通じも回復するとのことでした。

回復食期

2日間とも重湯で対処

Medium ddd47f1baca21340

回復食の段階で急いで元の食事に戻してしまうと、せっかく休めた内臓に負担がかかってしまうとのこと。ゆっくり戻すようにとのアドバイスをいただきました。

そこで、回復食の2日間は重湯をゆっくり食べるようにしました。

その後は通常食

しかし、回復食2日目を終えた後は我慢できなくなったので、その後は通常食に戻しました。2日間かけて胃腸の調子をととのえたこともあり、特に問題ありませんでした。

ファスティングダイエットの結果

計6日間のファスティングダイエットで得られた結果を報告します。

良かった点

  • 体重が3.6kg減った
  • 鈍っていた味覚が戻ってきた
  • 食べる量が減った

といった点が良かったと感じています。特に短期間で3.6kgも体重が減ったのは嬉しかったです。

このほか、食べることに時間を使わないので読書などほかのやりたいことがたくさんできた、という点も良かったと思います。

悪かった点

Medium fd8d7249336d6697
  • 頭痛がした
  • 吐き気がした
  • 便秘になった

専門家と二人三脚で行ったファスティングダイエットとはいえ、好転反応は避けられないものでした。

ファスティングダイエットは正しい方法で

ファスティングの辛さと言えばとにかく空腹、そして好転反応ですよね。かつては挫折してしまった私ですが、サポートしてくれる専門家がいたことで継続することができました。

正しい方法で行えば、短期間で体重が落とせるし、辛さも軽減できるので有効なダイエットになりそうです。

飲み会や食べ放題で食べ過ぎても、ファスティングでリセットしてあげれば、余計なものを溜めこまずにすみます。

頻繁に行うのは大変なので、1シーズンに1度くらい専門家の指導の下で実践していこうかなと思っています。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事