Medium f67b0c00015dd3d2

朝白湯ダイエットは0円で効果大!美味しい作り方・飲み方は?

白湯を飲むことは毒素排出やむくみ解消、ダイエット効果があるとして、モデルさんの間でも人気です。そこで私も朝白湯ダイエットをしたところ、たくさんの嬉しい変化がありました!今回は、朝白湯ダイエットの方法や美味しい白湯の作り方を紹介します。

ライター:佐藤あんな  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/10/14

効果大の0円ダイエット「朝白湯ダイエット」!

Medium e44345e3edd54bf9

白湯とは、簡単に言うと沸かしたお湯を冷ましたものです。白湯を飲むだけで、本当にダイエット効果があるの?と疑問を感じつつ、女優さんやモデルさんも実践しているということで、期待も半分ありました。そこで、1ヶ月間朝白湯ダイエットを行ったところ、嬉しい変化があったのです!

お金が一切かからないのに、効果抜群の「朝白湯ダイエット」。今回は私が実践したやり方や効果を、メリットとデメリットも合わせて紹介したいと思います。

白湯が体に良い理由

冷たい飲み物を飲むと体を冷やしてしまいますが、少し温かい白湯を飲むと内臓が温まります。起床直後はまだ眠っていた内臓も、白湯を飲むことで、徐々に活発に働くようになります。さらに、体が温まると循環機能もスムーズに行われるので、老廃物の排出を促し、便秘やむくみも解消します。

老廃物の排出(デトックス)や便秘・むくみの解消は、どれもダイエット効果に繋がりますね。体が良い働きをすることで痩せられるなんて、嬉しいダイエット法です。

朝白湯ダイエットの方法とは

Medium 57fc44a226d587f3

一般的な白湯ダイエットでは、1日に800ml程度の白湯を飲むらしいのですが、私は続けやすいように自己流で行ってみました。こだわった点は次の2つです。

  1. 朝にマグカップ1杯の白湯を、時間をかけて飲む
  2. 白湯は鍋の水を沸かして作り、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の考えを取り入れる

白湯の作り方

アーユルヴェーダでは、体の三要素として「水・火・風」があると言われ、この3つが満たされれば体の調子が整い、気持ちを幸せにすることができると考えられています。そこで白湯を作る時は、電気ケトルではなく、必ず火(ガス)を使って水を温めることから始めました。

「水」を「火」にかけ、沸騰した蒸気で「風」の流れを作る・・・という過程で作った白湯は、「水・日・風」という体の三要素を全て満たした飲み物になる、というわけです。

科学的根拠がない話ですが、インドの伝統医学の効果も実感してみたかったので、私はこだわってみました。白湯の持つダイエット効果自体は、IH調理や電気ケトルなどを使用しても変わらないのではないかと思います。

①鍋に水を入れて火にかける

まず、鍋に水を入れます。やかんが好ましいですが、私はやかんを持っていなかったので鍋にしました。そのまま、沸騰するまで火にかけます。

Medium a6d1ea716de85b2e

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

これくらいブクブクするまで沸騰させます。電気ケトルやポットの場合でも、水が沸騰しているかどうか確認してくださいね。

②人肌程度の温度まで冷ます

水が完全に沸騰したら、次に人肌の温度まで下げます。私は鍋のまま放置していました。

Medium 0c27f68b2ba245b8

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

わざわざ人肌程度の温度まで下げるのなら、最初から沸騰させなければ良いのでは?と思いますが、沸騰させなければ白湯にアーユルヴェーダでいう「風」の要素を与えることができないとのことです。もちろん、私もそれに従って冷めるのを待ちました。

ちなみに、氷や冷蔵庫などで冷やすのもダメだそうです。あくまで自然に冷めることが重要です。そして、人肌程度の温度まで冷ましたら、白湯の完成です。

飲む量はマグカップ1杯程度

次に飲み方ですが、飲む量は1日マグカップ1杯程度にすることが大切です。白湯を大量に飲んでしまうとむくみの原因になってしまう場合があるそうなので、必ずマグカップ1杯程度に抑えましょう。

毎朝ゆっくりと飲む

起床後、一番最初に口に入れるものを白湯にしようと考え、私は朝に白湯を飲みました。最初に体内に入れるものを白湯にすることで、胃や腸をゆっくりと起こすことができ、胃腸に負担がかかりません。

白湯を飲む時は、ゆっくりと時間をかけて飲むことが大切です。目安としては、マグカップ1杯を10分以上かけて飲むようにしました。人肌程度の温度なので、その気になれば一気に飲み干すこともできますが、ゆっくり飲むことで体の隅々まで白湯を行き渡らせることができるそうです。

マグカップ1杯を10分かけて飲むために、私はペットボトルの蓋に注いだ量を1口分として、ちまちま飲みました。

Medium 1323c5d15089b3ae

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

全く減らない白湯にイライラするかもしれませんが、体がじんわりと内部から温まる感覚を感じることができます。

朝白湯ダイエットには嬉しい効果がいっぱい!

便秘が改善された

白湯を飲み始めてから数分後、トイレに行きたくなることが増えました。

体が温められたことにより、胃腸だけでなく内臓全体がゆっくりと目覚めて働き出すので、朝の体調がいつもより良くなった気がしました。何より朝から体内の老廃物を掃除することができるので、身も心もスッキリとした気持ちになります。

体重が3kg痩せた!

1ヶ月の朝白湯ダイエットを通じて、体重が3kg落ちました。食事の量や内容は一切変えていないので、これには驚きです。朝に白湯を飲むようにしてから、体がポカポカと温まることが多くなり、冷え性も改善しているように感じました。

体の体温が上がったことによって、基礎代謝が上がったのかもしれません。

肌に透明感が出た?

Medium c101ca1317963e44

体重減だけでなく、美容面にも良い効果がありました。白湯を飲み始めてから、肌の色が明るくなったような気がするのです。それは私だけが感じていたことではなく、家族も「肌白くなった?」と聞いてくるほどでした。

さらに、ずっと悩んでいた乾燥肌が改善されたように思えます。乾燥肌による肌のくすみがとても気になっていたので、白湯が体の内側から保湿してくれたのかもしれません。

朝白湯ダイエットのメリット・デメリット

朝白湯ダイエットのメリット

朝白湯ダイエットのメリットといえば、とにかく「お金がかからない」「簡単にできる」ということではないでしょうか。カロリー計算をしたり、運動をしたり、という面倒な方法もありません。それなのに私の場合は効果があったので、本当にやって良かったと思いました。

朝白湯ダイエットのデメリット

時間がかかるので早起きが必要

Medium e070e73091b258ef

白湯の準備が意外と時間がかかります。一度沸騰させて冷ますのですが、冷めるまでかなり時間がかかります。また、飲む時間も10分以上は設ける必要があったので、いつもギリギリに起床している私は早起きしなければなりませんでした。

早起きの習慣ができる良いきっかけとなりましたが、早起きが苦手な私にはかなり辛かったです。

飲み心地に違和感

水は氷を入れて冷たくするか、常温の水を飲むことがほとんどだったので、お湯だけを飲むということに抵抗感がありました。温かい飲み物といえば、緑茶や紅茶、コーヒーなどのイメージが強かったので、最初に白湯を飲んだときは「味がしないのに何故こんなに不味いと思うのだろう」と感じました。

すぐに慣れますが、最初は戸惑うかもしれません。

朝白湯ダイエットを習慣にして0円で美を手に入れよう!

インド伝統医学で白湯が体にとても良い飲み物と言われている通り、私も1ヶ月の朝白湯ダイエットを通じて様々な良い効果を得ることができました。体重が減ったのも嬉しいですが、何より肌が綺麗になったことに驚きを隠せません。

毎朝お湯を沸かすので、少々準備に時間がかかるダイエット法ですが、これからも続けていきたいと思います!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事