Medium bdf57d18d84d7208

1日1000kcalの生活を続けて5kgのダイエットに!デメリットも...

1kgの体重を減らすには、7200kcalのカロリーオフが必要と知り、1日1000kcal生活を送れば7日で1kg減るのではないかと考えました。1ヶ月半実践した結果をお伝えします。はたしてダイエット効果は得られたのでしょうか?

ライター:しょーん  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/10/20

私が1日1000kcalダイエットを始めたきっかけ

Medium 0badc9bc0b3f6a78

運動大好きな私でしたが、1人暮らしでの不摂生な食事生活のせいで気がつけば体重は57kgから62kgまで増えていました。しかし、特に周りからも太っていると言われなかったので、ダイエットをすることなく生活をしていました。

ダイエットのきっかけは、好きな男性から言われた「太っている!」という言葉。痩せるために、どんな過酷なダイエットにも挑戦しようと決意しました。

そこで、すぐに思いついたのが、食事制限のダイエット法です。1kgの体重を減らすには7200kcalをカットすればいいということを知り、1日の摂取カロリーを1000kcalにすれば、7日で1kgずつ体重が減る計算でスタートしました。

1日1000kcalダイエットのルールは簡単!

朝から昼までは動くことが多いので、朝ご飯は糖分ありの食事を摂り、昼は野菜中心のメニューにするように心がけました。晩ご飯は体を回復させるためにしっかり食べますが、夜8時までに食事を終了させるようにしました。私のある日の食事例をご覧ください。

メニュー カロリー
ブラックサンダーチョコ×2 110kcal×2=220kcal
トマトジュース265ml 52kcal
野菜サラダ 48kcal
春雨スープ 70kcal
炭水化物抜きの普通の食事 610kcal

1日1000kcal生活を1ヶ月半続けた結果

1ヶ月半、1日1000kcal生活を続けた結果、−5kg以上の減量に成功しました!7日ごとに1kg減る…という結果にはなりませんでしたが、それでもかなりの効果を得られたと思っています。特にお腹周りがスッキリとして、全体的に小さくなったと褒めてもらえることが多くなりました。

私が感じたダイエット評価は以下の通りです。

ダイエット評価
続けられる度 ★★☆☆☆ 食べたいものを食べれないので長期間は厳しい!
ダイエット効果 ★★★★☆ 1ヶ月半で−5kg!
美容・健康効果 ★★★☆☆ 良くなった面と悪かった面あり

それでは、私が感じた評価について、詳しく紹介していきます。

Medium 6a717a80abe223e8

by 2fb7b955ba9dd5c5 しょーん

継続できるかは、空腹に耐えられるかが鍵!

今回、朝はブラックサンダーチョコとトマトジュースなので、糖分が体に入りとても動きやすく過ごすことができました!しかし、午後のサラダと春雨スープを食べてなんとか夕方まで過ごすと、そこから晩ご飯までは空腹と戦いです。

さらにに晩ご飯は炭水化物を抜く他に、油物を避けていたのでほぼ野菜しか食べるものが見当たらず、食べてもすぐお腹が減ります。お腹が空いたからといって、むやみにお菓子に手を出すこともできず、ひたすら水を飲んで空腹を紛らわす生活が続きました。

このときはまだ、間違ったダイエットの認識ができておらず、翌朝に体重を計ってみて、少しでも増えると嫌な気分になり水分を摂ることさえ避けるようになっていました。

1日1000kcalダイエットのメリット・デメリット

メリットは?

①便秘が改善された

このダイエットを始めてから、トマトジュースと野菜サラダをよく食べていたため、頑固な便秘も改善されました。お腹がスッキリしたのも、便秘の改善のおかげだと思います。

②お菓子やジュースが欲しくなくなった

1日1000kcal以下に抑えるという条件だったので、自然とお菓子を食べることが禁止されます。最初の1週間くらいは禁断症状みたいにお菓子を食べたくて仕方がなかったですが、それを乗り越えるとあまり欲しくなくなりました。

③肌荒れが改善された

Medium 8c8ea4c3ed2cc562

油物、パンやお菓子を食べなくなったので、吹き出物やニキビがなくなりました。今までニキビには高価な洗顔料や化粧品などを買っていましたが、肌荒れには食生活の改善が効果的なのだと、身をもって体感できました。

④薄味に慣れた

最初は濃い味付けのものを食べたくて仕方がありませんでしたが、段々と薄い味付けに舌が慣れてくるので、体のことを考えて薄味思考になります。今では、みそ汁が辛いと感じるくらいになりました。

⑤素材の味が分かるようになった

ダイエットを始める前、私はお米が好きではありませんでした。その理由は、お米に味を感じなかったから。しかし、ダイエット後は米の甘みや風味を理解することができ、お米の美味しさを実感することができました。

また、野菜1つ1つの味や調味料を見分けることができるくらい舌が敏感になり、食材そのものの美味しさを理解できるようになったのです。

デメリットは?

①食べることが怖くなった

Medium a5a0f8bd2927c688

この1ヶ月半のダイエット期間中は、ずいぶんと食事量を減らした生活をしていました。その結果、少しでも食べて体重計の数字が増えると、食べること自体が怖くなってしまったのです。今思うと、ダイエット後1年半以上は、少し拒食症気味だったようです。

②筋肉が落ちる

炭水化物を避け、ほぼ野菜ばかりの生活をした結果、日に日に体が小さくなり喜んだ反面、同時に筋肉も落ちていきました。

筋肉について調べていくと、食事のカロリー摂取量が減ると、体の脂肪をエネルギーに変換して動くそうで、それでも足りなくなってしまうと筋肉を分解し始めるそうです。筋肉量までは計測していませんでしたが、階段を上るのが辛くなっていったのは確かです。

拒食症になる危険性も!1日1000kcalダイエットは注意が必要

とにかく、このダイエットは辛かったです。続けられたモチベーションは、「痩せる!2度と太ってると言わせない!」ということを、心の中で言い続けたからでしょう。かなり食事量を調整してしまうので、やや拒食症気味になってしまったりと、健康を害する結果となってしまいました。

私のように食事を摂ることが怖くなってしまっては、非常に危険です。1日1000kcalというのはかなりストイックな方法なので、長期間行うことは絶対にしないでください!

適度な食事制限と、無理のない運動をして長い目を見てダイエットを行うのが1番健康的で綺麗にダイエットができる方法だと思いますよ。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事