Medium 36b9c8a1499eef25

何度もダイエットに失敗する私...図を書いて原因をガチで分析!

なぜ私はダイエットに失敗するのか?調べても調べてもわからなかった私。そこで、ソーシャルワークの基礎技術・エコマップを利用して、自分のダイエットが失敗する原因を分析しました。ダイエット用エコマップの作り方と、ダイエット効果について報告します。

ライター:香箱まめ  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/09/12

ダイエットの失敗原因はエコマップでわかる

Medium 1f66e844fded2261

ダイエットに失敗してしまった時、ほとんどの人は「失敗した原因」が知りたくなるのではないでしょうか。私も、ダイエットに失敗するたびに「ダイエット失敗 原因」と検索してまとめサイトを巡回していました。

しかし、ネットで調べてわかるのは一般的な内容ばかり。「私の場合はどれが原因?」という疑問は解消されず、「自分がダイエットに失敗した原因は自分で導き出すしかない!」と思い立ちました。

そこで私が利用したのが、ソーシャルワークの技法である「エコマップ」。今回は、自分のダイエットの現状を見つめ直すために作った「ダイエット用エコマップ」について詳しくご紹介していきます。

エコマップとは?

そもそもソーシャルワークとは、ソーシャルワーカー(市役所などで福祉関係の相談に乗る人)が色々な技法・ツールを使いながら、相談者の困りごとを把握し、問題解決を図ること。エコマップはその技法のうちの一つで、介護・福祉の現場で活用されています。

エコマップは簡単に言うと、生活上の困りごとを知るためのツールです。エコマップを活用することで、以下のような利点があります。

  • 家族関係やその人の生活の状況を把握できる
  • 周囲の人やモノが、困りごとにどんな影響を与えているのかを整理できる
  • どうしてその困りごとは発生したのかを分析できる

どうしてエコマップがダイエットに使えるの?

介護や福祉の問題解決のために使われるエコマップが、「どうしてダイエットで使えるの?」という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。実は、介護の悩みとダイエットの悩み、違っているようで共通した部分があります。

ダイエットを始める理由は、「太っていること」「ダイエットの失敗」「リバウンド」といった困りごとが多いですよね。介護や病気の困りごとと、ダイエットの困りごとは、全然違う悩みに見えますが、どちらも同じ「生活上の困りごと」という意味では共通しています。

「その人の生活上の困りごとに周囲の人やモノがどんな影響を与えているのか?どうしてその困りごとは発生したのか?」を知るためのエコマップは、ダイエットに使えるツールです。現在私は、ダイエットに失敗した時や、太ってしまった時にはダイエット用のエコマップを使っています。

Medium d088fec13effab3d

by B45189bd80cb98b8 香箱まめ

これは、実際に私が作ったダイエット用のエコマップをわかりやすく再現したものです。ドラマの相関図みたいですよね。専門技術ですが、決して難しいものではありません。ポイントをおさえれば、誰でも簡単に作ることができます。

ダイエット用エコマップのメリット3つ

エコマップをダイエットに応用すると、次の3つのメリットがあります。

  • 「なぜダイエットに失敗したのか?どうして太ってしまうのか?」を分かりやすく整理できる
  • 一般的な原因ではなく、「自分にとって」の失敗原因をつきとめられる
  • 自分に合ったダイエット計画を立てられる

エコマップは自分の状況を振り返ったり、ダイエットの作戦を考えるのに、とても便利なツールです。ダイエットが上手くいかない時には、ぜひ試していただきたい方法です。

ダイエット用エコマップの作り方

Medium 14fa36fac1e52067

ここからは、ダイエット用のエコマップの作り方を手順を追ってご紹介します。例として、先ほど紹介した私の20歳の時のダイエット用のエコマップを使います。

ダイエット用エコマップを作るために用意するものは、以下の3つだけでOKです。

  • 紙(コピー用紙でOK)
  • 黒ペン
  • 色ペン(2色以上)

ダイエット用のエコマップは、次のような4つの手順で作っていきます。

  1. 自分、周りの人、周囲の環境を書き出す
  2. ダイエットや食事にどんな影響を与えているか説明書きを作る
  3. それぞれの要素が自分とどんな関係かを書き込む
  4. ダイエットに失敗した原因と対策を書き込む

それでは、この手順に沿って、実際にエコマップを作ってみます。

①自分と、自分の周りにいる人や環境を書き出す

まずは、紙の真ん中に自分を書きます。「私」でも、自分の名前でもOKです。似顔絵を描いたり、プリクラを貼るのがおすすめ。イメージがしやすくなり、作業がはかどります。

次に、自分の食事に関係のありそうな要素を書き出していきます。家族、友達、近所にある店、アルバイトや仕事などです。一緒にご飯を食べる人や、食事の時間に影響を与えている仕事などは必ず書いておきましょう。

ここまでの作業をやってみると、下の写真のようになります。

Medium f006bff141c79d99

by B45189bd80cb98b8 香箱まめ

私の場合は、一緒に暮らす家族、大学の友達、近所にあるコンビニ、塾講師のアルバイトが食事に関係のありそうな要素でした。

②それぞれの要素の説明を書く

エコマップに配置した自分、周りの人、環境のダイエットに関する情報を書き込みます。

人なら、「この人は太っているか?」「食事を一緒に食べるか?」、お店や仕事なら、「食事の時間や量に影響しているか?」などを書きます。思いつくままにいろいろ書いてみましょう。

ポイントは、まだ「なぜ?」とは考えないようにすること。焦って原因を決めつけてしまうのを防ぐためです。

作業をしてみると、このようになりました。

Medium 54371a6ba1dd6370

by B45189bd80cb98b8 香箱まめ

書いてあることをまとめると、下のようになります。

状況
中学からずっと太っている。お菓子が好き。運動はしない。
自宅の家族 全員太っている。ダイエットや運動の習慣なし。
友達 全員痩せている。
コンビニ 近所にある。帰り道につい寄ってしまう。
アルバイト 夜にある。夕食の時間が遅れる。

③自分と要素の間にある関係を書き込む

自分と周りの要素を矢印でつないで、どんな関係性にあるかを書いていきます。この時、ポジティブな関係とネガティブな関係を色分けして書きます。私は赤をポジティブな関係、青をネガティブな関係で表しました。

影響力の強さは、矢印の太さで表します。矢印が太いほど、強く影響しているということです。

Medium b2c75b0c43b43ed3

by B45189bd80cb98b8 香箱まめ

書かれている内容をまとめると下のようになります。

ダイエットに対する影響
ポジティブ(赤) 痩せている大学友達につられて私も痩せたいが、影響は小さい
ネガティブ(青) 実家の家族が全員太っているため、ダイエットすると言い出しづらい雰囲気がある
        近所にコンビニがあり、誘惑に負けてしまう
        アルバイトが夜にあるので、晩ご飯の時間が不規則になってしまう

私の場合は、「自分の家族との関係」が一番ダイエットに悪影響があることがわかりました。一方で、痩せている友達からは良い影響を受ける可能性があるのに、影響力が小さいこともわかりました。

④ダイエットに失敗した原因と対策を書き込む

いよいよ最後は、ダイエットに失敗した原因を書き込みます。空いているところに結論を書くスペースを作ります。そこには、「どうしてダイエットは失敗したのか?」と、「どうしたらダイエットが成功するか?」の理由を書きましょう。

ポイントは、一度エコマップを遠くから見ること。一つの要素から答えを書いてしまうと、決めつけや言い訳になってしまいます。複数の矢印に共通する内容を探すようにしましょう。

私のダイエット用エコマップ・完成版を改めて示します。

Medium 7256032bb0818111

by B45189bd80cb98b8 香箱まめ

先ほど③で記入したダイエットに対する影響を整理してみると、共通するのは、私の食事やダイエットが周囲の影響を良くも悪くも受けやすい、ということです。一般的なダイエットの失敗原因でいうと、「ダイエットする意志が弱い」、「自己管理ができない」に当てはまりますね。

私が導き出したダイエットの失敗原因と対策はこちらです。

ダイエットの失敗原因と対策
失敗原因 周囲に影響されて自分の食事がコントロールできないから、ダイエットに失敗してしまう
対策 食事を自己管理できるようになればダイエットに失敗しない

私のダイエット失敗の原因は、食事管理にそもそも主体性が全くなかったことでした。いかに周りのせいにして太っていたかを思い知らされる結果となりました。

ダイエット用エコマップの効果は?

ダイエットの失敗原因を分析するためのエコマップ。その効果はどのようなものだったかを振り返ってみます。

自分に合ったダイエット法を探しやすい

現在は、ダイエット方法が無数にあります。エコマップを作る以前は、流行っているダイエット方法を興味本位でやってみることが多かったです。しかし、エコマップを作ることで自分に足りないものがわかるようになると、自分にとって効果的なダイエット法を予測して実践できるようになりました。

今回紹介した、「20歳の時のエコマップ」で食事をコントロールするのが苦手だと分かった後は、食事を振り返る作業ができるレコーディングダイエットをするようになりました。

リバウンド防止になった

Medium 590b46eb0deffc63

リバウンドは、身体のホメオスタシスやホルモンの影響があるといわれています。しかし、停滞期にあきらめてしまう、少し痩せたからと安心して元の食生活に戻ってしまうといった「ダイエットを止めてしまう」ことにも原因があります。

ダイエットが上手くいかない時にエコマップを書くと、自分の状況を見つめ直すことができます。「何も悪いことはないから、続ければきっと痩せるはず」とか、「ちょっと体重が減ったから油断したな」と振り返ることで、今でもダイエットのモチベーションを維持することができています。

ダイエット用エコマップは自分を変えるきっかけに

ダイエット用のエコマップは、自分の現状を振り返って、ダイエットの失敗原因や自分に合ったダイエット法を予測するのに適しています。私は、エコマップを作って冷静になった後、ダイエットに本格的に取り組み始めました。

紙に書くだけの方法なので、直接的には体重減少に貢献しません。でも、自分を変えるきっかけになることは確かです。ダイエット失敗にくじけそうなときには一度、お試しください。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事