Medium f328fccc6d89da71

レコーディングダイエットは記録するだけじゃダメ?失敗の原因

体重や食事を記録するだけで食事改善になり、痩せるといわれるレコーディングダイエット。しかし、やり方や取り組み方次第では痩せられないことがわかりました。なぜレコーディングダイエットに失敗したのか、結果を報告します。

ライター:sasahime  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/09/26

レコーディングダイエットを始めたきっかけ

Medium 5e12fc5c5a188f4c

レコーディングダイエットは3回目のチャレンジです。1度目は、病院で少し肥満気味だといわれ、食事記録をつけるように指導されたのがきっかけでした。

2度目は、文房具屋さんでかわいいレコーディングダイエット用のノートを見つけたことから「前に成功したしもう一度やってみよう!」と、ビリーズブートキャンプやウォーキングなども併せて取り組みました。

3度目はきついダイエットをしても続かない性格を考え、基礎的なダイエットをしてみようということで始めてみました。

レコーディングダイエットとは?

レコーディングダイエットとは、ノートなどに食事や体重などを記録していくダイエット方法です。生活習慣の悪い点を自然に自覚できるほか、無理な食事制限を行わないよう、コントロールすることができます。

ポイントは水以外の飲み物も、少しつまんだおやつなども細かく記録していくことです。また、食べすぎてしまったりしたことも記録し、体重との比較をして改善点を見直すのですが、単純なように見えてこれが結構難しいんです。

どうしても記録が面倒くさくなってしまったり、食べ過ぎたり体重が増えてしまうとどうしても目をつぶりたくなってしまいますよね。そこをグッとこらえてまずは1か月、そして2か月3か月と続けていくと、きっと効果があります。

レコーディングダイエット3度目のチャレンジ!

Medium d78643c5bcb0a702

by 9f1a5294f177ead4 sasahime

今回は特別なノートなどは購入せず、家にあった適当なノートではじめてみました。食べたものの記録、飲んだもの、体重、そして犬の散歩前に筋トレも始めましたのでそちらの記録も・・。

Medium 61880843884c6efe

by 9f1a5294f177ead4 sasahime

記録漏れするとめげてしまう!と思ったので、同時にスマホアプリでも記録しました。

このアプリはレコーディングダイエット用ですが、目標体重を入力すると、1日の目標摂取カロリーが表示されます。さらに、食べたものの名前を入力すると、一般的なものであれば目安のカロリーが表示されますので、1日の合計摂取カロリーがわかります。

アプリ内購入(120円)をすることで、市販されている食べ物などのカロリーが選べるようになるので、ずぼらさんでもとても簡単にカロリーを知ることができますよ。

レコーディングダイエットの結果

3回目のレコーディングダイエットの結果を報告します。

1か月で1キロ増量!

1度目、2度目のレコーディングダイエットは2~3か月で3キロの減量に成功しました。

しかし3度目は、なんと1か月で1キロ増量してしまいました。

筋トレもしているので「筋肉が増えたんだ!」とポジティブに考えたいところですが、そのほか服が緩くなったり、体が引き締まったりということはないので単純に太ったと考えられます。

2回も成功したのになぜ失敗したのでしょうか?

ダイエット失敗の原因は?

レコーディングダイエットとえば、「食べたものを記録するだけで痩せる」と謳われていることが多いです。

しかし、実際には書くだけでは痩せないことが分かりました。良くて体重維持、最悪の場合は私のように太ってしまいます。

失敗の原因を、記録のノートやアプリから探ってみました。

Medium 3dfff941edc395c7

by 9f1a5294f177ead4 sasahime

Medium fd56a6a9e75551aa

by 9f1a5294f177ead4 sasahime

カフェオレを飲みすぎた

「家のコーヒー牛乳」または市販のカフェオレなどを飲みすぎたようです。「家のコーヒー牛乳」というのは、アイスコーヒーと牛乳を混ぜたものです。便秘対策に飲んでいるのですが、明らかに飲みすぎました。

カロリーは、成分表示とキッチンスケールとにらめっこをした結果の数字なのですが、よく見るとダイエットのために「1日1本まで!」と決めている市販品のカフェオレよりもカロリーが高いんですね。

カロリーの低いカフェオレも買ってあるのに、ついつい手軽に冷蔵庫の中のアイスコーヒーと牛乳に手を伸ばしてしまっていました。

どこか油断する気持ちがあった

もうひとつ、「レコーディングダイエットをしているんだから自然と食べなくなるでしょう?」という油断が失敗の原因でした。

記録している中でカロリーを減らそうと、昼食をシラタキに変えるといった工夫は欠かしませんでした。食べる順番を変えて、炭水化物減らすことや、アルバイトの日には補助食品を摂ることも心がけていました。

それでも、記録しているから大丈夫だという油断から、やはり甘い飲み物や一口のおやつなどに手が伸びてしまっていたのです。

成功の秘訣は「あと一口」をやめること

Medium a61950a7102f1f84

レコーディングダイエットの目的は、食べているものを自覚して、食べるものを減らすことです。

しかし今回は、記録して摂取カロリーが少し減ったことを利用して「もう一口ぐらい」「このぐらい大丈夫だろう」とついつい食べてしまっていました。

その行為を少しずつ減らしていけば、体重が増えてしまうこともなかったでしょう。あるいは、食べてしまったら余分に動くことも有効だったかもしれません。

次はもうひと口をやめて、半口・腹8分目にするなどの努力をするべきですね。

単純だけど難しいレコーディングダイエット

レコーディングダイエットは、記録するだけというシンプルなダイエットです。さらに最近では、記録用のアプリが充実していて、取り組むのがより簡単になっています。

しかし手軽さの反面、チャレンジするだけで満足してしまうという落とし穴があました。

食べる量を減らせば記録する手間も省くことができますので、面倒が減りますよね。食べ物、飲み物の「つい」「あと一口」に気を配って、目標体重に少しでも近づけましょう!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事