9fbeb81f0086b95c

痩せ菌サプリ「メディカロエット」を1か月試したダイエット効果

運動によるダイエットの停滞期に悩んでいたところ、偶然ネットで「メディカロエット」というサプリメントを発見。そこで試しに飲んでみることにしました。「メディカロエット」の飲み方や実際に感じた効果について紹介します!

カテゴリー:商品  投稿日:2017/12/12

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium df92ad72f9c7aec4

私が「メディカロエット」に出会ったきっかけ

私は3ヶ月で6kg減を目標に、ウォーキングや筋トレによるダイエットを行っていたものの、1ヶ月で2kg減った後停滞期に陥ってしまいました。そんな時、ネット広告で「メディカロエット」を発見し、「痩せ菌」というワードに心惹かれ、運動との相乗効果を期待して軽い気持ちで購入を決めました。

メディカロエットってどんなサプリメントなの?

9a56f4eb9c90e906

by 99a0702cf6bd17bc karu05

メディカロエットは、「痩せ菌」によって食べても太らない体を作ることを目的とした、腸活減量法 サプリメントです。

肥満率1位の肥満大国アメリカでは、販売店舗に購入希望者が殺到するほど大人気となり、2017年に日本でも販売が開始されることになりました。日本での販売開始に伴ってパワーアップし、「痩せ菌」に加え「痩せホルモン」のダブルアプローチが可能となったサプリメントです。

「痩せ菌」とは?

87cfc126dc17cdad

このサプリメントに含まれている痩せ菌とは、「ビフィズス菌」のことです。ビフィズス菌には、脂肪細胞が肥大するのを抑制し、腸を活性化することで消費カロリーをアップさせる働きがあります。食べても太らない人の腸内には、このビフィズス菌がたくさんいるということが判明しています。

「痩せホルモン」とは?

「痩せホルモン」には、胃から腸へ食べ物が送られるのを抑制し、糖の吸収を抑えると共に満腹中枢を刺激する効果のあるホルモン「GLP-1」があります。また、視床下部の受容体に作用して食欲を抑えると共に、食後に血中濃度が上昇させる作用があるホルモン「PYY」もあるのです。

この2種類のホルモンは、外国では重度肥満患者に治療薬として投与されていますが、効果が強力すぎるため、日本で肥満治療に使用することは禁止されています。

従って「痩せホルモン」を直接投与することはできません。そこでこのサプリメントでは、体内で「痩せホルモン」を増やす方向性でのアプローチを行います。

1ヶ月間実践した結果

このサプリメントを飲むまで行っていた、ウォーキングや筋トレは継続しつつ、メディカロエットを1ヶ月(1袋分)試してみました。1日1錠を目安に水かぬるま湯で飲みます。私は寝る前に、1錠飲むようにしていました。その結果について紹介します。

体重は-1kg

A59f0be70c885026

1ヶ月飲んでみましたが、劇的な体重減少はなく、摂取前と比較して1kgの微減にとどまりました。

ウォーキングや筋トレも行っており、サプリメント単体での効果がどれほどあるのか分かりませんでした。しかし、運動と併用していてもこの結果なので、メディカロエットだけでは広告にあるような劇的な効果は期待できないのではないかと思います。

今回、食事量は特に変えたりしていなかったのですが、食事も意識していればこのサプリメントに入っている成分の効果をもう少し活かすことができたかもしれません。

便秘が改善された

残念ながら痩せ効果は感じられませんでしたが、飲み始めてからお通じが良くなりました。私の場合、寝る前に摂取していたせいか翌朝のお通じが快調になり、お腹の見た目もスッキリした気がします。

メディカロエットのメリット・デメリット

1ヶ月半メディカロエットを飲んでみて、私が感じたメリット・デメリットについて紹介します。

メリットは?

7496cbffebeec6af
  • 1日1錠で良いので、外出先に持ちだす手間がない。
  • 好きなタイミングの摂取でOKなので、飲み忘れの心配がない。
  • 薬のような不快な匂いや味が無いので、誰でも飲みやすい。
  • シートが入っていた外袋はジッパー付きなので、湿気をしっかり防いで保管できる。

サプリメントは、種類によっては1日に何錠も飲まなければならないものもあります。その点、メディカロエットは1日1錠だったので飲みやすかったのは良かったと思いました。

デメリットは?

  • 1錠が大きめなので(厚みがある)、少し飲み込みづらい。
  • 1錠あたり約89円とやや割高な感じがするので、もう少し安いと嬉しい。

ダイエットは継続が大事なので、錠剤の大きさや値段についてはデメリットとして大きい部分でした。

メディカロエットはあくまで栄養補助的な役割

今回メディカロエットを飲んでダイエットに挑戦してみて、やはり「ダイエットに楽な方法なんて無いんだな…」と、改めて感じました。シンプルに、ウォーキングや筋トレなどの運動するのがダイエット成功への1番の近道かもしれません。

メディカロエットの広告には「普通体型の方は痩せすぎる可能性があるので使用しないで」など、少々誇大とも思える言葉が並んでいますが、実際の商品には栄養補助食品としか書かれていません。使用する際は効果を期待しすぎず、あくまでも補助的なものと思って使用するべきだと思います。

ただ、お通じが良くなるなど、サプリメントの成分(乳酸菌)による効果は十分得ることができたと思います。お通じが良くなるとお肌の調子も良くなりますし、1日1錠の摂取でOKなど手軽なので、便秘で悩んでいる方には良いかもしれません。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事