Medium 03f8280b34f6d09e

高校時代にカレーダイエットで2.6kg減に成功!朝昼晩の食べ方

食欲旺盛だった高校時代、カレーダイエットで2.6kgの減量に成功しました。「カレーを食べて痩せられるの?」と疑問に思った方へ、痩せるカレーの食べ方をご紹介します!カレーダイエットの注意点やメリットも一緒にまとめました。

ライター:myu-myuu  カテゴリー:食事  投稿日:2017/09/28

カレーダイエットを始めたわけ

高校時代、食欲旺盛だった私。朝から晩まで、とにかく美味しいものを食べていました。当然、体重は増加し、見た目もぶくぶくに。

ついに危機感をおぼえ、夏休み期間を使って試したのがカレーダイエットでした。当時テレビでも紹介されていたダイエット法で、なんとなく安心感があったのも、始めたきっかけです。

カレーにダイエット効果が期待できる理由

カレーにはスパイスが多く含まれています。

スパイス 効果
ガラムマサラ 血行の促進、発汗作用
クミン 代謝促進、免疫力アップ
ターメリック(ウコン) アンチエイジング、肝機能障害の予防
コリアンダー 整腸作用

これらのスパイスが体を温め、代謝を活発にする効果が期待できます。この代謝アップが、ダイエットにつながるのだそうです。

カレーダイエットの方法

カレーダイエットは、その名の通りカレーを食べて痩せるダイエット方法です。私は4つのルールを決めて、実践しました。

①食べるのは野菜たっぷり辛口カレー

Medium a418736f6cb6e710

by 182c5961f983eade myu-myuu

カレーの具として、たっぷり野菜を入れるようにしていました。

  • キャベツ
  • にんじん
  • ナス
  • 玉ねぎ

かさが減るキャベツを半玉投入したり、青汁の粉を加えたこともあります。

ちなみに、私はジャワカレーのルーを使用していましたが、ほかの商品でも大丈夫です。辛口・激辛を使用していました。ただ、甘口や中辛のほうがスパイスを多く使用しているので、「辛ければ辛いほどいい」というわけではないようです。

ハウス食品 プライム ジャワカレー 辛口

Medium f70044c370dab6d2

出典:www.amazon.co.jp

私がカレーダイエットをした頃にはありませんでしたが、最近ではカロリーオフのルーも販売されているようです。試してみたところ、味は普通のジャワカレーと変わらず、「本当にカロリー50%オフ?」と驚きました。

これからカレーダイエットに挑戦する人は、試してみるといいと思います。

②朝食はキャベツの千切り

Medium 8427be43cbf04815

by 182c5961f983eade myu-myuu

朝食にはキャベツの千切りを食べていました。お腹いっぱいになるまで、結構な量を食べていたと思います。ドレッシングを何種類か用意しておくと、飽きずにたっぷり食べられますよ。

③昼食はカレー+ライス+キャベツ

Medium e01e178fce8c9a88

by 182c5961f983eade myu-myuu

昼食は、カレーライスとキャベツの千切りを食べます。カレーやご飯のおかわりは禁止ですが、キャベツの千切りはどれだけ食べてもOK!ご飯の量は、お茶碗1杯分を目安にしていました。

④夕食は少なめカレー+キャベツの千切り

Medium 397db819836c31a8

by 182c5961f983eade myu-myuu

夕食は、ライス抜きのカレーとキャベツの千切りでした。カレーの量は少なめにしていました。昼食と同様、おかわりはNG・キャベツの千切りは好きなだけ食べてOKとしました。

2.6kg減!カレーダイエットの結果を考察

毎日カレーとキャベツを食べ続けたところ、3週間で体重が2.6kg減少しました!身長145cm・体脂肪率は30%超えで、かなりの肥満気味ではあったのですが、それにしても2.6kg痩せたというのは嬉しい限りでした。

カレーダイエットで痩せることができた理由を、自分なりに考察してみました。

理由① ご飯を1日1食のみにした

ダイエットを始める前は、朝食にご飯を3杯お替わりすることもありました。ダイエット中、ご飯は昼食だけにしたことで、炭水化物の量をカットすることができました。自然と「糖質制限」できていたため、痩せることができたのだと思います。

理由② 野菜をたっぷり摂取できた

野菜中心のカレーを食べることが、ダイエットに次のような効果をもたらしたのだと思います。

  • 満腹感を増幅する
  • 肉を入れるのに比べて、カロリーを抑えられる
  • ビタミン・食物繊維をしっかりと摂取できる

理由③ 汗をたくさんかいた

カレーダイエットに挑戦したのが夏休み中だったため、辛いカレーを食べると全身汗だくでした。食べ終わったあとは、着替えが必要なほど。

汗をかくことで、血行を促進できます。血液の流れがよくなると老廃物を排出しやすくなるので、ダイエットにも役立つというわけです。

カレーダイエットの注意点

カレーダイエットをする上で、これだけは気をつけたい!ということをまとめました。

いも類を入れない

カレーにじゃがいもを入れる人は多いと思いますが、ダイエット中はNG。いも類は、野菜の中でも糖質を多く含みます。

糖質含有量(100gあたり)
さつまいも(皮むき・蒸し) 29.6g
じゃがいも(水煮) 15.2g
キャベツ(ゆで) 2.6g
にんじん(ゆで) 5.7g
お米 36.8g

せっかくお米の量を減らすことができても、じゃがいもやさつまいもを入れてしまえば意味がありません。いも類は入れないようにしたほうがいいです。

脂肪の少ない肉を使用する

私は、脂肪が少ない次のような肉を使っていました。

  • 鶏むね肉
  • 牛すじ肉

鶏むね肉はパサパサ感が苦手・・・という人もいると思うので、私は特に牛すじ肉をおすすめします!歯ごたえがあり、しっかりと噛まなければいけないので、満足感も得られます。

栄養バランスに気をつける

私は3週間続けましたが、カレーダイエットは長期間続けるのには向きません。次のように、健康への影響が心配されるからです。

塩分の過剰摂取

『五訂増補日本食品標準成分表』によると、カレー1皿分の塩分は約2.3g。女性の1日の塩分摂取目安量は7.0gですが、キャベツにかけるドレッシングの塩分が高いと、目安量をオーバーする可能性もあります。

栄養の偏り

野菜やたんぱく質を摂取しているとはいえ、毎食カレーとキャベツでは栄養も偏ってしまいます。3週間のダイエットを終えて、最低でも1食は普通の食事にするべきだったと思いました。カレーでは不足してしまう栄養をしっかりと摂ることが、健康にもつながります。

カレーダイエットのメリットとデメリット

カレーダイエットをする上で、どんなメリットとデメリットがあるのかを、簡単にご説明します。

メリット

  • カレーとキャベツを準備するだけ
  • ひもじい思いをしない

カレーの具材・ルゥとキャベツがあれば、すぐに始めることができます。簡単でお手軽なダイエット法だと言えます。また、食べる量が少ないわけではないので、「ひもじい」と思ったり、食べられないストレスを感じることはありませんでした。

デメリット

  • 家族と食べるものが違う・別々につくるのに手間がかかる
  • 熱いものや辛いものが苦手な人には向かない
  • 飽きてくる

家族がいる場合、皆とは違うご飯になってしまいます。主婦の場合は、カレーのほかに家族の料理を準備しなくてはならないので、手間がかかってしまいます。

また、熱いものや辛いものが苦手だと、カレーを毎日食べるのはちょっとキツいですよね。さらに、最大のデメリットは、だんだん飽きてくるという点です。肉や野菜を変えても、そこまで味が激変するわけではないので、長期間のダイエットには向かないと感じました。

カレーダイエットの感想

ちゃんと食べたい!食べる量は減らしたくない!という私にぴったりのダイエットでした。もともと辛いカレーが大好きだったので、美味しく続けることができました。またやりたいダイエット方法です。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事