Medium 7a48a79dd5680c19

おかゆダイエットでご飯の量&カロリーを半分に!レシピは?

おかゆ1杯分のカロリーは、ご飯茶碗1杯分の約半分!効率良くカロリー制限ができると思い、今回は1ヶ月間おかゆを食べるダイエットをしてみました!おかゆダイエットを1ヶ月行ってみた結果と感想をご報告します!

ライター:佐藤あんな  カテゴリー:食事  投稿日:2017/09/26

この体験談を書いた人

Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

25歳フリーライター。65kgから44kgに減量成功した経験あり。しかしリバウンドを経て現在は55kgとなり、日々ダイエットに試行錯誤の日々です。ダイエットの成功例から、リバウンドの失敗例までたくさんのエピソードがあるので、是非皆さんに共有したいと思っています。

おかゆダイエットを始めた理由

Medium a9cae366c99f7f44

胃のもたれを感じていた時に、消化に良い物を食べようと思い、おかゆを作りました。何も考えずに茶碗1杯分のご飯に水を加えて作りましたが、その時、おかゆが元々のご飯の量よりも2倍くらいに増えていることに気付いたのです。

そのおかゆは半分程度で満腹になってしまったのですが、「普段の半分の量で満腹になるのなら、普通にご飯を食べるよりもおかゆを食べた方がカロリーが抑えられるのでは?」と考えました。

茶碗1杯分のご飯のカロリーは、240kcal程度。その半量をおかゆにすれば、120kcalということになります。つまり、1日3食のご飯をおかゆに変えれば、360kcalを抑えられるという計算です。

そこで、毎食の茶碗1杯のご飯をおかゆに変えるダイエットを始めることにしました。

おかゆダイエットの方法

ご飯をおかゆに変える

私の場合、基本的に3食の主食はご飯だったので、ご飯をおかゆに切り替えるようにしました。普段パンやパスタにしている方も、是非おかゆに変えてみてください。

仕事の昼休憩ではお弁当を持参することが多かったので、おかゆを持って行きました。社内に電子レンジがあったので、温めて食べるようにしていました。コンビニにもレトルトのおかゆが販売されているので、作ることが面倒な時は活用していました。

おかずは一切変えない

おかゆでカロリーを落としているので、おかずはいつも通りにしていました。しかし、おかゆでカロリーを抑えているからと言って、油物や肉類を好きなだけたくさん食べてしまわないように気を付けましょう。

私の場合、ご飯と味噌汁、野菜のおかずを2品、肉か魚のおかずを1品という一汁三菜のメニューが基本だったので、ご飯をおかゆに変えるだけで、おかずは何も変えませんでした。

十分な栄養を補給するためにも、しっかりとおかずは食べるようにしましょう。

おかゆの作り方

私が作っていたおかゆのレシピを紹介します。レシピと言っても、ただご飯を煮るだけです。1食分の分量と作り方を紹介するので、是非参考にしてください。

材料

  • ご飯 茶碗2分の1程度
  • 塩 ひとつまみ
  • 水 ご飯が全て浸かる程度

正直に言うと、細かい分量は量っていません。毎日作るものなので、細かい計量をせずに簡単に作れるようにしてみました。

①材料を全て鍋に入れる

まず、ご飯を量ります。

Medium e42361b7f6f292fd

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

お茶碗半分なので大体これくらいですね。ちなみに、ご飯は炊き立てでも冷えているものでも構いません。

次に、ご飯を水で洗い、粘り気を取ります。取らなくても大丈夫ですが、私はねばねばしてしまうのがあまり好きではなかったので…。

そして、鍋の中にご飯、水、塩を入れます。

Medium 8225eaa79fe907ef

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

少し見にくいですが、ご飯よりも5mm程度上のラインまで水を入れます。塩はひとつまみまでにしておきましょう。

②30分くらいコトコト弱火で煮る

準備ができたら、ご飯を弱火にかけ、そのまま30分程度コトコトと煮込んでください。煮込んだものがこちらです。

Medium ba3759fa5077c06a

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

ちょっと水分を吸いすぎてしまいました…。水加減はお好みで調整してください。

火を止めて、茶碗に盛ります。

Medium 16b808763b642ad5

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

茶碗に半分しか入っていなかったご飯が、こんなに増えました。水を増やせばもっと増やすこともできます。

卵や梅などを入れてもGOOD

ただ単に、白いおかゆだけを食べていると飽きてしまいます。ご飯をおかゆに変えるというルールなので、おかゆに卵や梅、鮭などをお好みで入れても構いません。味を変えることによって、長続きしやすくなります。

私はよく、おかかや卵、梅干、漬物などと一緒に食べていました。塩昆布も美味しいですよ。

おかゆダイエットで実感した効果

1ヶ月で2kg痩せた

Medium d87f105fdd6ddb6b

体重が1ヶ月で2kg痩せました。完全にご飯を抜いたわけではなかったので、ストレスも少なく、ゆったりと穏やかにダイエットすることができました。

「顔周りが少しほっそりした」と周囲の人々から言われるようになりました。

ゆっくり食べられるようになった

できたてや温めた直後のおかゆを食べることが多く、普段食べているご飯よりも温度が熱いと感じました。そのため、普段早食いだった私もゆっくり食べざるを得なくなり、早食いの癖が解消しつつあります。

ゆっくり食べることで、いつも食べていた量よりも少ない量で満足できるようにもなりました。これも減量の要因になったのかもしれませんね。

おかゆダイエットで辛かったこと

おかゆに飽きる

Medium 10ba3e673ecd8327

白いおかゆを食べ続けると飽きてきます。私は元々おかゆが好きだったので、「まぁ大丈夫だろう」と思っていたのですが、「炊き立ての白米が食べたいなぁ」と何度も思いました。

しかし、おかゆに具を入れて味をつけることで続けられました。漬物や昆布、卵など好きな具を使うと効果的です。

朝早起きしなければいけない

おかゆを毎日作るようになって、一番思ったことが「おかゆって案外時間かかるんだな」ということでした。30分は煮込まないといけないので、朝ご飯やお弁当の準備を考えるとかなり早い時間に起きる必要があります。私は普段、かなりギリギリに起きるタイプだったので、早起きは苦痛でした。

しかし、寝起きが苦痛であるだけで、起きた後はすっきりとした気持ちになり、いつもよりも仕事や日常生活が充実した気もしました。早起きの習慣を付けたいという方にもおすすめかもしれませんね。

また、どうしても早起きしたくない!という方には、炊飯器でおかゆモードを選ぶことで前日から用意することができます。一度に作られるおかゆの量が多くなりますが、「それでもOK!」という方は実践してみましょう。

おかゆダイエットはストレス少なくダイエットできる!

おかゆは、普段より少ないご飯の量でも水分を含ませてかさ増しできるので、お腹いっぱい食べられる上にカロリー制限にもなり、ストレスが少ないダイエットだと思います。

おかゆに飽きてしまうというデメリットはありますが、味を変えることで長続きしやすくなります。また、調理時間が長いことも、早起きの習慣を身に付けるには最適でしょう。

これからも積極的におかゆをダイエットに取り入れていきたいと思います。是非、皆さんも試してみてくださいね。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事