Medium 7c7796abb17f7c8e

太ももを締めるだけのエクササイズで−5cmに成功!方法は?

太ももを細くしたい、でもエクササイズする時間がない・・・そんな悩みを持っていた私は、「太ももを締める」エクササイズを考えて実践してみました。太ももを締める方法と、1ヶ月続けた結果をご紹介します。

ライター:佐藤あんな  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/10/06

太ももを締めるエクササイズを思いついたきっかけ

とにかく仕事が忙しい私にとって、「エクササイズの時間を確保する」ことは大変です。夜は疲れにまかせて寝てしまい、朝もギリギリに起きて仕事へ出かけるような生活なので、エクササイズが長続きしません。

「時間がとれなくても痩せたい」と思ったとき、日々の生活の中で特別に時間をとらなくてもできるエクササイズがあれば・・・と考えました。そこで思いついたのが、「太ももに力を入れて締める」というエクササイズでした。

太ももを締めるエクササイズの方法

この章では太ももを締めるエクササイズの方法・ポイントについてご紹介します。

太ももの内側に力を入れるだけ

方法はとても簡単。太ももの内側に力を入れ、ぎゅーっと太ももを締める状態をキープするだけです。

Medium 59d0f6b1f0c317f0

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

写真の矢印方向に力を入れます。太ももの間にものが挟まっていて、それを潰すようなイメージを持つとやりやすいです。簡単そうに思えますが、この状態をずっとキープすると、内ももがプルプルと震え始めます。

クッションを挟んでやってもOK

イメージがつきにくい場合は、クッションを太ももの間に挟むのもおすすめです。

Medium 8452e99ba5fac4bf

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

基本的に家でしかできませんが、クッションをつぶしてしまうように力を入れてみてください。どのように太ももに力を入れるのか、自分でもわかりやすくなります。

私は、家にいるときはクッションを挟むようにしています。ソファやベッドで横になってリラックスしているときでも、自然と太ももに力を入れた状態を保つことができるからです。

座っているとき・立っているときに実践

特に決まった回数や時間を決めていたわけではありませんが、座っているとき・立っているときに意識するようにしていました。

太ももを締めるよう日常生活の中で意識することで、徐々に太ももを締める体勢が習慣になります。はじめは意識しないと力を入れることができませんが、続けていくうちに無意識に太ももに力を入れられるようになりますよ。

次のような仕事をしている方なら、仕事中の忙しい時間でも太ももを意識することができます。

  • オフィスワーク(座りっぱなしの仕事)
  • 販売や接客(立ちっぱなしの仕事)
Medium 0d078903ba239194

by Ba6c068b963ae1f6 佐藤あんな

立っているときは、お尻を締めるような感覚でやると、太ももにも力が入ります。

太ももを締めるエクササイズの効果

気がついたときに太ももを締めるようにして、1ヶ月で効果を感じることができました。

1ヶ月で太もも5cm減に成功した

1ヶ月続けた結果、太もものサイズが5cmダウン。ぜい肉が無くなり、引き締まったという実感があります。健康的に細くなっていると思います。

何より嬉しかったのが、パンパンだったスキニーに余裕ができたことでした。脚のラインを見せることにも、少し自信が出たように思えます。また、タイトスカートはいつも太ももで引っかかっていたのですが、スムーズに履くことができるようになりました。

内転筋が鍛えられた

太ももを締めることで、内転筋が鍛えられます。内転筋は太ももの内側にあり、普段使われることが少ない筋肉です。内転筋の衰えは、太もものたるみの原因になります。

内転筋を鍛えることで、太もものたるみが解消し、サイズダウンにつながったのだと思います。

足を閉じる癖がついた

このエクササイズを始める前は、内ももの肉が邪魔になっていたのと、内転筋が弱かったのとで、座っていると脚を開きがちでした。しかし、このエクササイズを開始後、脚を閉じる習慣ができました。

脚を開いて座る姿は、見た目にもいいとは言えませんよね。無意識におこなってしまう癖を改善することができ、よかったと思っています。

太ももを締めるエクササイズのメリット・デメリット

太ももを締めるエクササイズで感じたメリット・デメリットをご紹介します。

メリット:いつでもできる

仕事が忙しく、時間がなかなかとれない私でも続けることができました。仕事中や電車に乗っている間など、隙間時間を見つけては実践することができます。時間をとってエクササイズをする必要がないので、ズボラさんにも嬉しいですよね。

また、体を動かす習慣がない人でも、太ももを締めるだけなので、特に苦労なく続けることができると思います。

デメリット:筋肉痛に悩まされる

内転筋は日常生活であまり使わないため、いきなり刺激すると、もちろん筋肉痛になってしまいます。エクササイズを始めた当初は、筋肉痛で内ももがピリピリ痛みました。

すぐに治りますし、続けていけば筋肉痛にならなくなります。日常生活に支障をきたすレベルではありませんでしたが、最初はその筋肉痛が辛かったです。

今回エクササイズをしてみて、継続すれば内ももの隙間も夢ではないと感じました!太ももにしっかり効くので、筋肉痛と上手に付き合いながら、是非試してみてください。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事